弁護士に交通事故の示談で依頼すると金額が増える?

示談とは、一度が成立すると、もうこの件については、
納得したこととして認めてあとから蒸し返さないという
話し合いの決着のことです。キケンの色

別の言い方をすると、裁判をした場合は、裁判官が
最後に「この件はこうする」として判決を下しますが、
示談の場合は、裁判官ではなく当事者同士の
話し合いで、事件の治療費や慰謝料などの
金額の話も全て決着をつけて終らせることになります。

そのため、メリットとしては裁判をしないので、裁判費用が
かからず、双方にとって、裁判費用分だけ安く上がります。

デメリットとしては、裁判にしないので、
相手が慣れていると丸めこまれて
慰謝料などの金額を低くされて
しまうことが有ります。気持ちが和らぐ

そんなときは、交通事故専門の弁護士に
相談すると良いです。

交通事故の治療費や慰謝料について、
現在の判例などから、その相場やポイントを
考えて教えてくれます。

それにより、相手との話し合いの交渉材料が増えて、
慰謝料などの金額も増えます。

もちろん示談そのものを弁護士に依頼することもできます。

そのために相手側との話し合いが終る前に一度だけでも
法律相談にいくとよいです。

交通事故の示談金の相場と弁護士対応について

示談金の額は、交通事故被害の状況によって異なります。
したがって、相場というものはありません。

繋がっていく相場とは、条件が同じ場合に形成される
ものであり、前提として千差万別な
交通事故には関係がありません。
交通事故で支払われる示談金は、要は損害を
填補する金銭です。

これは、損害を負った側にとっては、生活の糧や、
治療費の穴埋めとして使われる性質のものです。
これを請求するために、弁護士は代理人として
相手方と交渉をします。強さ

もし和解が成立しなければ、訴訟に
発展します。
示談で支払について合意が形成されるのは、
相手が納得した場合だけです。

多くの事故では、相手はむやみに
争いませんが、被害者の側にも
過失があると、相手は争う
傾向にあります。

弁護士は、資料を基にできるだけ
相手の説得を試みますが、
必ずまとまるわけではありません。

しかし、弁護士に相談しておけば、仮に訴訟になった場合でも
円滑に移行することが可能であるため、決して
無駄になることは有りません。