交通事故に遭ってしまったり、または起こしたりした場合は、
必ず警察へ通報しなければなりません。

中にはそのまま逃げてしまったり、その場で幾らかの
お金を渡し、なかったことにしようとする輩もいますが、
決してそのようなことを行なってはいけないのは
もちろんのこと、受け取ったりすると後悔することに
なるのということを肝に銘じておきましょう。話し合いの方法

そして交通事故の後処理などがある程度落ち着いたら、
保険屋さんに連絡することになるのですが、その際には
示談金などの約束はしないように言われることがあります。

これは後の交渉において、ややこしくなってしまうからで、
この指示は絶対に守っておきたいものです。
ただ、うまく話がまとまらなかった時や、交通事故の
示談金の額に関して納得できないということは決して
少なくはなく、そのような時は遠慮なく弁護士さんに
相談しましょう。面倒なこと

素人ではなかなか判断できないものですから、プロの意見は
貴重ですし、客観的に判断するという意味でも、
弁護士さんの存在は頼りになります。