示談交渉も弁護士へ依頼

交通事故に遭ってしまうと日常生活も支障が
出てきてしまい、退院したとしても体が思うように
動かない、仕事に行かなくてはなど、普段通りの
生活に戻れないケースが多いです。sign

その上に、示談交渉のために連絡をとったり、
話し合いの場を設けたり、証拠を集めたりするのは
多くの犠牲と手間がかかってしまいます。

しかも、加害者側、特に保険会社は営利業者ですので
できるだけ支払いを少なくする流れにします。

また、日常的に交渉をしているので素人相手では
何枚も上手で、要求にすぐに対応することはありません。

そこで交通事故の示談交渉を弁護士に依頼することが
効果的ですし、負担軽減にもなります。恐怖心

というのも、弁護士は交通事故に関する法律の
プロですので、妥当な補償金の相場を熟知しており、
相手方の提示金の妥当性がおかしいことを指摘できます。

また、最悪、裁判で争える立場にありますので、
それよりは弁護士の段階で話をまとめようと
相手方もあわせてきます。

交渉を代行してもらえるので、時間の犠牲も減ります。

加害者になった場合の弁護士の選び方

弁護士というと、法律のスペシャリストなので、
すべての法律に精通しているエリートと思って
しまいますが、実際には、それぞれに得意分野があります。

くつろげる場所たとえば、会社や商売のことに強い先生や
金融関係に強い先生、医療事故に強い先生など
それぞれ専門性があります。

当然、交通事故の場合もそれをたくさん扱っている
事故に強い先生に頼むのが一番です。

そこで加害者になってしまった場合に事故に強い
弁護士の選び方を知っておくと便利です。

その見つけ方はホームページを見て交通事故を
多く扱っているかどうかをしっかりと見ることです。

厄介なのは、ほとんどの法律事務所では交通事故も
扱っていますが、しかし、交通事故は専門性の
高い事案です。気をつけて

そのため不慣れな弁護士に頼むだけで
大きく不利になります。
さらに、見つけた後は、そのまま頼まず、まずは
相談に行ってみて自分の目で確かめることです。

その結果、自分が納得できる弁護士を選ぶのが
一番よい選び方です。

懲役を受ける場合の弁護士対応

交通事故によって相手にけがを負わせたり、死亡させたり
した場合、罰金刑や懲役刑が科されます。
これは、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪に
該当するため、裁かれるのです。

これまでの犯罪事実や、被害者との示談交渉の過程、
被害の甚大さなどを考慮して、裁判所は
具体的な量刑を決定します。油断しない

通常、過失で起こした事故の場合は、執行猶予が
付くことが多いですが、必ずしもつくとは限らず、
中には懲役の実刑判決が下される場合もあります。

この時、量刑不当だと考えれば、弁護士と相談して
控訴することが考えられます。
そして、交通事故を起こしたことについて争いがない場合、
控訴審では量刑や情状が主な争点となります。隠す

弁護士は、具体的な事実を指摘して、被害者に
適用されるべき刑について、裁判では主張していく
こととなります。

具体的には、被告人が真摯に反省している点や、
被害者に対して謝罪している点、これまで事故を
起こしてこなかった点など、有利に作用する点を
積極的に主張します。