弁護士に交通事故の示談で依頼すると金額が増える?

示談とは、一度が成立すると、もうこの件については、
納得したこととして認めてあとから蒸し返さないという
話し合いの決着のことです。キケンの色

別の言い方をすると、裁判をした場合は、裁判官が
最後に「この件はこうする」として判決を下しますが、
示談の場合は、裁判官ではなく当事者同士の
話し合いで、事件の治療費や慰謝料などの
金額の話も全て決着をつけて終らせることになります。

そのため、メリットとしては裁判をしないので、裁判費用が
かからず、双方にとって、裁判費用分だけ安く上がります。

デメリットとしては、裁判にしないので、
相手が慣れていると丸めこまれて
慰謝料などの金額を低くされて
しまうことが有ります。気持ちが和らぐ

そんなときは、交通事故専門の弁護士に
相談すると良いです。

交通事故の治療費や慰謝料について、
現在の判例などから、その相場やポイントを
考えて教えてくれます。

それにより、相手との話し合いの交渉材料が増えて、
慰謝料などの金額も増えます。

もちろん示談そのものを弁護士に依頼することもできます。

そのために相手側との話し合いが終る前に一度だけでも
法律相談にいくとよいです。