交通事故の示談金の相場と弁護士対応について

示談金の額は、交通事故被害の状況によって異なります。
したがって、相場というものはありません。

繋がっていく相場とは、条件が同じ場合に形成される
ものであり、前提として千差万別な
交通事故には関係がありません。
交通事故で支払われる示談金は、要は損害を
填補する金銭です。

これは、損害を負った側にとっては、生活の糧や、
治療費の穴埋めとして使われる性質のものです。
これを請求するために、弁護士は代理人として
相手方と交渉をします。強さ

もし和解が成立しなければ、訴訟に
発展します。
示談で支払について合意が形成されるのは、
相手が納得した場合だけです。

多くの事故では、相手はむやみに
争いませんが、被害者の側にも
過失があると、相手は争う
傾向にあります。

弁護士は、資料を基にできるだけ
相手の説得を試みますが、
必ずまとまるわけではありません。

しかし、弁護士に相談しておけば、仮に訴訟になった場合でも
円滑に移行することが可能であるため、決して
無駄になることは有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)