懲役を受ける場合の弁護士対応

交通事故によって相手にけがを負わせたり、死亡させたり
した場合、罰金刑や懲役刑が科されます。
これは、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪に
該当するため、裁かれるのです。

これまでの犯罪事実や、被害者との示談交渉の過程、
被害の甚大さなどを考慮して、裁判所は
具体的な量刑を決定します。油断しない

通常、過失で起こした事故の場合は、執行猶予が
付くことが多いですが、必ずしもつくとは限らず、
中には懲役の実刑判決が下される場合もあります。

この時、量刑不当だと考えれば、弁護士と相談して
控訴することが考えられます。
そして、交通事故を起こしたことについて争いがない場合、
控訴審では量刑や情状が主な争点となります。隠す

弁護士は、具体的な事実を指摘して、被害者に
適用されるべき刑について、裁判では主張していく
こととなります。

具体的には、被告人が真摯に反省している点や、
被害者に対して謝罪している点、これまで事故を
起こしてこなかった点など、有利に作用する点を
積極的に主張します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)